Reboot

あけましておめでとうございます。

今年は5月に新しい元号のスタートが予定されていますね。
僕は平成4年に社会人生活をスタートさせました。
昭和に生まれ、昭和で育ち、平成で働く。

大企業の社員としてスタートし、平成17年に独立、気がつけば12年と、ひと回りが経過しました。
新入社員時代はまだまだ終身雇用の社会でしたし、自分自身も漠然と定年まで働いてのんびりとした老後を過ごすんだろうと思っていました。

会社員時代の自分のモチベーションは、とにかく他人より早く出世すること。
同期よりも早くなんてのは当然で、5年上の先輩ぐらいをターゲットにして、いかに上まで早く登るかということばかりを考えていました。
仕事も面白かったですし、失敗も数多くありましたが、それなりに成果も出していたので、組織の中ではそこそこ評価されていたんだろうと思います。

人生の転機は30歳の時。
たまたま見つけたグロービスマネジメントスクールでの「外界」との出会いが、自分が井の中の蛙だということを思い知らせてくれました。
今思うと、あの時あの出会いがなければ、今とはまったく違う人生を歩んでいたんでしょうね。

数年の気持ちの整理を経て独立。
ボロボロになり、死にそうになりながらも、今ではそこそこ業界内では名前を知ってもらえるような会社となり、運と縁のおかげで今現在に至っています。

毎年、年末年始はそれほど意識して気持ちを切り替えることは無かったのですが、不思議と今回は今までとは異なる「不連続性」を感じ、色々なモノやコトを変えていこうと思っています。

これは自ら(みずから)の変化というよりは、自ずから(おのずから)の変化という感覚で、特に気負いはなく、あぁ、その時期が来たかという、少し自分をメタポジションから認識しているような感覚です。

そんな今の自分を表現するのに適した言葉が、このタイトルにもある「Reboot」です。

Rebootとは再起動という意味で、パソコンの調子が悪くなって動きが良くないときによくやるあれです。
原因はわからないけど、なぜか再起動すると良くなることって多いですよね。
そうなんです、なんとなく今回の変化は僕にとってのRebootなんです。

再起動しただけで、OSのバージョンアップやメモリの載せ替えも無いじゃないか、というツッコミもあるでしょうが、まぁきっとそういうのは日々の積み重ねでバージョンは上がっているんだと思います。
そこがパソコンと人間の違いかな。

再起動後の、あの今までの動きの悪さが嘘のようにサクサクと動き出す。
あの感覚を、今年は体感することになりそうです。

やる気ですか?
もちろん、充分ですよ。


Happy New Year.

A new era is scheduled to start this May.
I started a business career in Heisei 4th.
I was born in Showa, raised in Showa, and worked in Heisei.

I started as an employee of a large company, and became self-supporting in Heisei 17th. Before I noticed, twelve years had passed.
At that time, lifetime employment was customary, and I thought vaguely that I would work until retirement and spend my old age relaxing.

My motivation as an office worker was to earn a living faster than anyone else.
It is natural that it is faster than synchronization, and I was thinking about just how much to climb to the top as fast as targeting about 5 years old senior.
The work was also interesting, and there were many failures, but as it was also producing outcomes, I think that it was evaluated so much in the organization.

The turning point of my life was at the age of thirty.
The encounter with the “outside world” at the Globis Management School that happened to find out that he is a frog in the well.
I think now, if I did not meet that then, I guess I was living a completely different life from now.

After organizing my feelings for several years I was independent.
Although becoming dreadful and becoming dying, now it is a company that will allow people to know their names within the industry so much, thanks to luck and boundary, we are now in the present.

Every year, New Year’s holidays have not been so conscious of switching feelings, but this time, I feel that I feel different “discontinuity” from this time and I am going to change various things and things .

It is a sense that I recognize myself from the meta position a little, that is, I feel like a change of nature itself, rather than a change of myself, I am not particularly enthusiastic, and that time has come.

The word suitable for expressing such my present is “Reboot” also in this title.

Reboot means rebooting, it often happens when the PC goes bad and the movement is not good.
I do not know the cause, but somehow it gets better if I reboot.
That’s right, somehow this change is Reboot for me.

Although there may be some pointing out that there is not even OS upgrade or memory replacement just by rebooting, well I guess surely that the versions are up by day-to-day accumulation.
Is there a difference between personal computers and human beings?

After the reboot, the bad behavior of that movement will start to be crisp like a lie.
I think that feeling will be experienced this year.

Are you motivated?
Of course, that’s enough.